悪玉コレステロールを排除|健康を脅かす存在

夫婦

不調は自然の薬で治す

生薬

更年期の症状に有効な漢方はいろいろありますが、更年期症状は人それぞれ違うので自分に合った漢方を選ぶ必要があります。有名な漢方は三つあり、加味逍遥散(かみしょうようさん)・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。この三種類は更年期に最も有効な漢方とされていますが、どのような症状に効果が現れるのかは異なります。人により効果の具合に差はありますが、加味逍遥散は睡眠関連や頭痛・めまいに有効といわれています。当帰芍薬散は睡眠中に途中で目が覚める症状に有効で、桂枝茯苓丸は睡眠関連以外に発汗症状や循環器系の症状に有効とされています。睡眠に関係した症状を改善する効果が三種類の全てに存在しますが、更年期の症状は気・血・水のいずれかが不安定になることで起きるとされているので、個人の症状で処方してくれる漢方薬専門店で調合してもらうと自分に合ったものが見つかりやすいです。

更年期に対する三大漢方薬の加味逍遥散・当帰芍薬散・桂枝茯苓丸ですが、効く症状には特徴があります。加味逍遥散は虚弱体質の女性に適しているとされ、症状では頭痛・めまい・のぼせ・冷え症・肩こり・倦怠感・イライラ・不安感・睡眠障害・自律神経の乱れに効果があります。病院で処方箋を出してもらうこともできますが、ドラッグストアで購入できるくらい簡単に手に入ります。気・血・水ではお血に適するとされます。当帰芍薬散は虚弱体質に近い感じの人に向くとされ、貧血症状・冷え性・疲れやすい・慢性的な肩こり・全身の倦怠感・動悸・月経時に起きるむくみ・更年期による睡眠障害に有効です。気・血・水では血虚に適します。桂枝茯苓丸は体力が中度程度ある場合に用いられ、赤ら顔・のぼせ・肩こり・めまい・冷え症・下腹部の圧迫感・睡眠の質などを良くする効果があります。気・血・水では加味逍遥散と同様に、血に適するとされます。最も利用者が多いのは加味逍遥散で、効果や入手のしやすさから人気です。しかし漢方薬は合う合わないの個人差が大きいものなので、ある1種類で効果がなくてもいろいろ試すことで自分に合う漢方を見つけることができます。