悪玉コレステロールを排除|健康を脅かす存在

サプリメント

数値を上げずに健康維持

笑顔の二人組

ヘモグロビンa1cは糖尿病と密接に関係があり、一旦糖尿病になると合併症などから後戻りすることは非常に難しく一生に関わるので、ヘモグロビンa1cの数値を上げないことが大切です。食べ物の順番を変える取り組みは比較的簡単に始めやすいのでお勧めです。

もっと読む

疲労回復に効果的

スーツの男性

オルニチンは体の中で優秀な効果を発揮してくれる成分です。主に疲労回復に効果があります。また、肝臓全体の機能に効果があり、肝臓の機能を保ってくれます。そのため、二日酔いやアルコール関連の疲労にも効果的です。

もっと読む

どうすれば増えないのか

男女とメジャー

ストレスを溜めない

悪玉コレステロールが体内で増えるとどうなるのでしょうか。色々な悪影響が出てきますが、血がドロドロになってしまいます。生活習慣病のリスクが高まるので、悪玉コレステロールが増えないように心がけなくてはいけません。悪玉コレステロールを増やさないためには、食事や運動が大事と言われます。食生活が乱れていればそれを正し、運動を適度にするようにしましょう。しかし、他にも気をつけたいことがあります。それは、ストレスです。ストレスも悪玉コレステロールを増やす一因です。ストレスが溜まらないように、私生活に工夫をしましょう。バスタイムを充実させるとストレスが和らぎます。湯船にアロマオイルを入れるなどの工夫もおすすめです。

トマトを食べよう

近年、人気が高まってきているのがトマトです。トマトは大昔からある野菜ですが、なぜ今になって人気になってきているのでしょうか。悪玉コレステロールを減らすと言うことが知られるようになったからです。トマトはビタミンが豊富で、美容に良いと言うのは有名です。なので、女性は積極的にトマトを食べていました。しかし、悪玉コレステロールを減らすと言うのは知られてなかったです。これが知られたことで、トマトを食べる男性が爆発的に増えました。また、リコピンの作用にも注目が集まっています。リコピンには抗酸化作用があり、アレルギーや老化予防に役立つ栄養素です。ただ、トマトの味が苦手と言う人が結構います。そう言う人はリコピンのサプリメントを利用しましょう。サプリは錠剤になっているので、どこでも摂取することが可能です。また、魚類に含まれるDHAやEPA、納豆に含まれるナットウキナーゼもコレステロール値を下げる効果が認められています。そのため、これら食材やサプリを摂取するのも推奨できます。

不調は自然の薬で治す

生薬

更年期の症状は人により状態に差がありますが、東洋では昔から気・血・水という考えのもとに漢方薬を用いて治療を行っていたといいます。現代にはホルモン治療も存在しますが、漢方薬は自然の原料であり更年期だけでなく体質改善も期待できるので、更年期でつらい症状を抱えたら漢方薬で対処することをオススメします。

もっと読む